油で料理がこんなに変わる!?安心な油は油専門店で

ほうろく菜種

オメガ3の油について(α-リノレン酸)



【オメガ3とは?】


α-リノレン酸は現代人に不足しがちな必須脂肪酸のことで、体内で合成されないので食べて摂る必要があります。別名をオメガ3といいます。体内に入るとDHAやEPAの変換され、血中コレステロールや皮下脂肪の原因となる中性脂肪を減らす働きがあることから、ダイエットオイルとも言われます。
不足すると発育不良や皮膚異常、組織再生力の減退、学習能力の低下などの弊害が報告されています。
意識して摂ることでアレルギー症状の緩和や、心血管系疾患や癌予防などに効果を期待できると言われています。

青魚や海草、冬野菜などに含まれます。
含有率が多いことで代表的なのは、エゴマ油、アマニ油です。



【オメガ3の油とは?】


当店ではα-リノレン酸(オメガ3)を約60%含むえごま油を扱っております。


「純えごま油」は元々ある病院のアトピー患者さん向け養生食用に開発されたもので、精製して癖をなくし食べやすくしています。
その他国産原料を生搾りしたもの、香ばしく焙煎して特殊な搾り方をしたものと3種類ご用意がございます。
どれも脂肪酸組成に変わりはないので、以下をご参照いただき、お好みでお使いいただければと思います。


えごま油3種類

お味噌汁やジュース、スムージー、ヨーグルトに入れて毎日お手軽に。
純えごま油はほとんど癖がないので、和でも洋でもお使いいただけます。
奥出雲産生搾りえごま油は柔らかい香りとまろやかな味わい、シンプルな和食や洋風のサラダにもおすすめです。

玉締め搾りえごま油は芳ばしさが立ちます。
お鍋のタレや和え物の風味付けにもよく合います。



詳しい商品ページはこちら↓







また同α-リノレン酸を50%程度とビタミンEを多く含むインカインチオイル(グリーンナッツ)もおすすめです。
くるみ油にもα-リノレン酸は含まれますが、上2種に比べると含有量は9〜15%程度になります。

アマニ油もえごま油と同量程度のα-リノレン酸を含みますが、現在当店では取り扱っておりません。比較的えごま油の方が食べやすいものが多いので、えごま油をおすすめしております。



【オメガ3オイルの摂り方、注意点】

いずれにしろα-リノレン酸は酸化しやすいものです。
開封後は必ず冷蔵保管し、1〜2ヶ月以内にお召し上がりください。
また口に油が付着したまま保管すると酸化臭がすることがありますので、拭き取ってください。

非加熱調理をおすすめします。熱い料理にかけて食べるのは問題ありません。
※さっと炒めてすぐ食べる程度なら大丈夫/ビタミンE含有量からインカインチは少しの加熱はOK


サプリメント感覚で毎日摂られるのがいいです。
厚生労働省による日本人の食事摂取基準(2010年版)でのα-リノレン酸摂取目安は体格にもよりますが、一日約2.2gです。
えごま油、またインカインチ油は概ね1日小さじ1杯程度が目安ですが、油は薬ではないので定量、用法はございません。






コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: