油で料理がこんなに変わる!?安心な油は油専門店で

ハロウィン料理

オリーブオイルの種類



オリーブオイルは国際基準で、酸度や含まれる成分、専門家による味や香りの官能検査を経てクラス分けされます。

オリーブオイルのクラス

Virgin Olive Oil
バージンオリーブオイル
Extra Virgin Olive Oil
エクストラバージンオリーブオイル

官能検査にて “否定的要素0” 、かつ「フルーティ」(*)が1以上
酸度(遊離脂肪酸) “0.8%以下”  

Virgin Olive Oil (Fine)
バージンオリーブオイル(ファイン)
官能検査にて “否定的要素が2.5” を超えず、かつ「フルーティ」が1以上
酸度 “2%以下”
Ordinary Virgin Olive Oil
オーディナリーバージンオリーブオイル
官能検査にて否定的要素が “6を超えない”
酸度 “3.3%以下”
※日本のJAS規格2%に該当しないので、輸入されません。
Lampante Virgin Olive Oil
ランパンテバージンオリーブオイル
官能検査にて否定的要素が6以上
酸度3.3%超過のもの
精製されます
バージンオリーブオイルはオリーブの果実を低温圧搾(コールドプレス)した天然のジュース。
最上級と認められたものだけ
がExtra Virginを名乗れます。
*官能検査にはワインの表現単語のように、細かいチェック項目が決められています。
「フルーティ」とは「最適な成熟段階で採取された健全で新鮮な果実の香りと食味を 連想させるオリーブオイルの風味」のことです。

Refined Olive Oil
精製オリーブオイル

上記一般的に食用にされないランパンテ “バージンオリーブオイルを脱酸、脱臭、脱色 など精製処理” をしたもの 酸度0.3%以下  

Olive Oil
オリーブオイル

上記 “精製オリーブオイルにエクストラバージンオリーブオイルを配合” したもの
一般にピュアオリーブオイルと呼ばれる 酸度1.5%以下
ブレンドについては規定なし 7:3くらいが多い 

Refined Pomace Oil
精製ポマスオイル

オリーブを一度搾った後の “絞り粕から溶剤抽出” したオイル
食用になるが、オリーブの風味はない 酸度0.3%以下

Olive Pomace Oil
オリーブポマスオイル

上記精製 “ポマスオイルにバージンオリーブオイルなどをブレンド” し風味付けしたもの
酸度1.5%以下