油で料理がこんなに変わる!?安心な油は油専門店で

 

8月23日は油の日/2016年イベント情報


今年もやって来ます! 8月23日は油の日

※無料イベントは20日(土)開催!!
  
イベント内容は一番下のチラシをご覧ください。



油の日オモテ



 京都の大山崎に離宮八幡宮という神宮があります。
 全国の油脂業関係者が昔から祈願に参拝する有名な油の神様なのです。






 今から遡ること千年以上前、清和天皇の代、貞観元年(859年)8月23日、
 九州にあった離宮八幡宮が京都の大山崎に鎮座(遷宮)されました。
 この神社で長木(ながき)という道具が発明され、日本ではじめて搾油が行われたのです。

 さて、何の油が搾られたのでしょう?

             えごま畑と種


 

 それは ‥ 荏胡麻(えごま)の種子。
 荏胡麻といっても、胡麻ではなくシソ科の植物です。

 韓国料理店で焼肉を包むのに出てくるシソより一回り大きな葉っぱを見たことがありませんか?
 葉のキムチもおいしいんですよ。

 この荏胡麻、東南アジアの原産とされ、日本には中国・朝鮮半島を経て入って来たようです。
 古くから食用とされてきました。
 「え」「しろじそ」「じゅうねん」とも呼ばれます。

えごま油


 近年では荏胡麻油に多く含まれる成分α-リノレン酸の研究も進み、健康に良い優れたオメガ3オイルの
 代表として需要が高まっているこの油ですが、乾性油の特質をいかして、油紙や木工用塗料、インクな
 どの工業用としても人々の生活を支えてきました。

 (食用は工業用と区別し当初「しそ油」の名称で販売されてきましたが、今は原材料名に統一となりました)
 
 でも昔、離宮八幡宮で搾油を始めた当初は燈明用として使われたんですよ。

 神社の燈明用として奉納、また宮中にも献上され、やがて朝廷より、「油祖」の名を賜った離宮
 八幡宮は、油の製造と販売を一手に担う「油座」として栄えたのです。

 というわけで、8月23日は、日本の搾油が始まった記念すべき日なのです。


 是非8月23日を、「油の日」として覚えてください!


 油記念日も今年で11周年を迎えました。

 油問屋から始まった当カネダグループは、111年目を迎えたばかりですが、この「油の日」を全国の皆様に
 認知していただく為の活動を微力ながら続けていきたいと思っています。

 貴重品だった油が、日常品となった今こそ、日頃お使いの油について、ちょっぴり考えてみるき
 っかけになれば嬉しいのです。

 油の歴史や種類、健康への役割、知られているようで誤解されがちな油について、正しい情報を
 今後もどんどん発信して参ります。




 2016年8月20日(土)のイベント内容は以下の通りです!


油の日裏

 油が当る抽選会や店頭でのえごま搾油実演。
 店長油売りエマの油セミナーやお子様も歓迎のキャンドル作り教室、
 また植物油で作るリフレッシュオイル&粘土ジェル講座、全て無料です。

 もちろん油のお味見、お買い物もできます!

 営業時間:10時〜18時

 
 8月20日(土)是非皆様お誘い合わせの上、お気軽にご来店くださいませ。
 スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

  ※セミナーは各先着制限人数あり/各回30分前に整理券をお配りします。

   申し訳ございませんが予約は承っておりません。



  2015年油の日10周年イベントのレポートはこちら

  2014年油の日イベントレポートはこちら