油で料理がこんなに変わる!?安心な油は油専門店で


玉締め一番搾り 国産なたね油 140g

ふわ~っと菜っ葉の香りが広がります!!菜種の天然ソース。

北海道滝川産無農薬菜種を、低温焙煎し、ゆっくりと玉締めにて搾りました。

精製せずタンクに静置後、上澄みを瓶詰めしました。

原材料/原産 食用なたね油
内容量 140g
用途 料理の仕上げに/加熱可
その他 国産
保存/注意 暗所保存
参考  

玉締め一番搾り 国産なたね油 140g

価格:

597円 (税抜 553円)

[ポイント還元 17ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

これぞ菜種油、菜の花畑がイメージできます。  

古来から日本で食べられてきた菜種油ですが、過剰摂取すると心臓に害があるとされるエルシン酸を含むことが問題になり、アメリカで食用が禁止されたり流通量が減ったりしました。

菜種油の内、そのエルシン酸をほとんど含まないキャノーラ(カノーラ)種が品種改良された後はカナダ産をはじめ多く輸入され一般に出回ることとなりました。

こちらはあくまでキャノーラサラダ油とは全く別の、古来の菜種の風味をお楽しみいただける油です。

※一部画像、旧ボトルのものがあります、ご了承下さい。

玉締めなたね油


●原料と製法について

菜種ですが無エルシン酸 品種キザキノが原料です。(100g中0.6g程度)
主成分は65%前後含まれるオレイン酸ですので酸化安定性にも優れています。
北海道滝川で無農薬契約栽培された原料を福島の工場でゆっくり炒り、玉締め機でじっくりと搾りました。

もちろん遺伝子組替えはしておりません。


国産の菜種油も様々です。焙煎度合いと搾り方により濃さもいろいろ。
昔から菜種油は油揚げや天ぷら、唐揚げなどの揚げ油用にプロも愛用してきました。

使いやすいように半分精製油を混ぜたりしたものもあります。

こちらは100%搾っただけの、未精製菜種油。
しかも玉締め搾りという元々江戸時代に行われていた、木材と玉石、鉄の輪を組んだ機械でじっくり圧力をかけて搾る特殊製法で作られています。

大型圧搾機 のような摩擦熱が発生せず、まろやかな味わいに搾ることができます。

菜種生産者

●味わいと使い方

蓋を開けるとふわ~っと菜っ葉の香りがします。
目を閉じると菜の花畑が浮かんできませんか??

北海道の広い台地でのびのび育った、日本古来の菜種の油をどうぞお楽しみ下さい。


炒め物や揚げ物にはもちろんいいのですが、はっきり言って濃いです!!
(サラダ油に少々混ぜてもOK)

まずはダイレクトにその味を調味料として楽しんでください。
温めたお豆腐にそのまま掛けて、または湯豆腐のつけダレに少々。
お鍋のタレにあわせるのもおすすめ、とにかく和風のものに良くあいます。

上級者はパスタや炒め物にもアレンジして下さい。
オリーブオイルやごま油とは全く別の風味の一皿に。

菜の花豆腐

各種書類↓クリックするとPDF文書が開きます

なたね栽培の暦
菜種栽培の暦


なたね油を搾るまで
菜種油の搾油工程



●たなつものとは

「たなつもの」とは「種のもの」の意味。
命の糧の基(もと)である「稲」「麦」「雑穀」などの穀物を、いにしえの人々は「たなつもの」(=種のもの)として大切に崇めてきました。
食の安全と健康を願うGNSのブランドです。

たなつもの


この油を使って

手羽中フライ/サラダ油に混ぜて!
手羽中揚げ

茹で野菜に塩とレモン汁、菜種油をかけて
菜種油和え

国産なたね油で春のボンゴレ!
菜種油でボンゴレ


玉締め一番搾り 国産なたね油 140g

価格:

597円 (税抜 553円)

[ポイント還元 17ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

菜の花畑

黄金の絨毯見えますか?菜の花畑です。