油で料理がこんなに変わる!?安心な油は油専門店で

イトランズ

奥出雲産有機えごま油 110g

2017年新物!奥出雲産の貴重な有機栽培のえごま油です。


2017/12/20
お待たせしました!2017年収穫の新物発売です。
<有機認証品>

年間生産本数が未確定のため、本数制限3本までとさせていただきます。
一度の生産および入荷本数が少ないため、都度入荷次第、ご注文順次発送となります。
他商品と一緒にご注文の場合は、すべての商品が揃ってからの出荷となりますのでご了承ください。


有機認証ではない従来のえごま油も取扱いを始めました。(2018年3月)

奥出雲産えごま油 110g(従来品)2680円はこちら

原材料/原産 食用えごま油/島根県奥出雲産
内容量 110g/遮光瓶
用途 生食/料理の仕上げに
その他 低温圧搾・生しぼり
保存/注意 冷暗所・酸化しやすいので、開封後は冷蔵庫に入れ、3ヶ月以内に使用
参考 えごま油(しそ油)の料理レシピ(油屋ごはん)


2017年秋収穫分です。
大変申し訳ございませんが、入荷数に限りがございますので、お一人様もしくは1家族(同一配送先)3本まででお願いします。
※入荷次第順次出荷となります。
実店舗でもお一人様もしくは1家族で3本まで。

重複のご注文は削除させていただく場合がございます、ご了承くださいませ。


2016年秋のえごま油について!是非ご覧くださいませ↓↓↓

奥出雲紀行


奥出雲産有機えごま油 110g

価格:

2,980円 (税抜 2,760円)

[ポイント還元 89ポイント〜]
購入数:
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (2件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

ベールのようななめらかさ、高貴な香味のエッセンス!  

えにしの雫

すーっと入ってくる優しさ、スムースな飲み心地です。
奥出雲で丁寧に育てられた原料を、生のまま低温圧搾、精製せずろ過のみ。
こんなにきれいで雑味が無く仕上がるとは、すごいです。

●繊細な香味をそのままお楽しみください

炊きたてのお粥に塩とこのえにしの雫。思わずほおぉーっと唸ってしまうほど上品なお粥になりますよ!全く油っぽさはありません。温められた香味のエッセンスが一匙ごとに鼻に抜け、お米の甘さも引き立てます。まずはシンプルなもので存分にその繊細な香味をお楽しみください。

えにし卵豆腐

豆腐、卵豆腐、胡麻豆腐、茶碗蒸し、とろろ芋など滑らかな喉ごしのものがおすすめです。

えにし副菜




奥出雲

はじめてこの油を知った時は、「島根でもえごまを栽培しているのですか!?」と思いました。そして昼夜の寒暖差や気候、土壌などが栽培に適していることなどいろいろお話を伺いました。こちら奥出雲中村ファームさんは、栽培だけでなくその栄養や有効な利用法についての研究にもとても熱心です。モノが良くても、売りにくい商品というのはありますが、中村ファームさんは製品化する前から何度も当店に通って、パッケージや量などについても販売側、お客様の求めることを聞いてくださいました。生産者、販売者、消費者の要望がバランスよく形になったのではないかと思っています。

●出雲大社本殿大屋根にこのえごま油が塗られています

えごま油は大変歴史のある油です。伝統の「ちゃん塗り」という塗装方法があるのですが、塗料は松脂・鉛・石灰・墨と「えごま油」を混ぜたものです。出雲大社の千木・勝男木は腐食から守るため「ちゃん塗り」が施されているのですが、今回60年に一回の遷宮にて古文書からこの「ちゃん塗り」が奥出雲産えごま油で復元されました。

出雲大社 平成の大遷宮

まさにえにし、ご縁があって扱うことになった「えにしの雫」、1人でも多くの皆様にお届けできればと思います。奥出雲のきれいなえごま油をお楽しみください。いつか産地にも是非お邪魔したいです。
この油を使って

鶏ささみとローマ春菊の梅和え
えにし料理


生シラスの和え素麺
えにし料理2




・そのままスプーンで
・お味噌汁、スープ、ジュースに
・和え物やサラダのドレッシングに
・ 炒め物やパスタの仕上げに掛けて

【ご注意】
えごま油の成分は大変酸化しやすいので、開封後は冷蔵庫に入れ、2〜3ヶ月以内でお召し上がりください。
なるべく加熱調理はせず、仕上げか生食でお使いください。


「奥出雲産有機えごま油」脂肪酸組成(%)
パルミチン酸   4.9
ステアリン酸   1.3
オレイン酸    12.0
リノール酸    14.3
α-リノレン酸  67.5


特別価格


マスコミ掲載
ちゃん塗り記事

菜の花と鯛にえごま油